ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『いろいろありました・・・』

 6年生 川崎龍汰の母です。いつも父(川崎コーチ)、龍汰がお世話になっております。
 3年生に入団してもう卒団間近になってしまいました。思い起こせば、いろいろありましたが・・・
 まず、私自身で一番心に残っているのは・・・初めて参加した今井カップで、訳の分からぬまま試合に出場し、ボールを追いかけ、奪い合い、足がもつれ転んでしまいました。ドロだらけになりとても恥ずかしかったですが、応援するだけではなく、一緒にプレーすることもよい事だと思いました。今井カップは素晴らしい!!!
 さて、龍汰といえば・・・5年生の秋に突然「やめる!」と言い出しました。理由は言わず、「やめるんだ~!」の一点張りでした。( この数ヵ月後には貧血で練習を休みました。そのころから、体力に自信がなくなっていたのかな?と思います。) 両親ともに説得したのですが、意思は固く、自分で捧コーチに伝えに行きました。
 ある練習日、
 【龍汰】 「サッカーやめます。」
 【捧コーチ】 「今まで一緒にやってきたのだから卒団まで頑張ろう!」
 【龍汰】「はい。」と、帰ってきました。
 龍汰は「これからもやめないで頑張る!」と、すっきりした様子でした。「え~!あんなに頑固だったのに!」と思いましたが、親では駄目な事があるのだなあ~と、感じた出来事でした。捧コーチお世話になりました。
 まだまだいろいろな出来事がありましたが、なんとか部員としてやってこれました。コーチ、他の保護者の皆様には、支えていただき感謝しています。ありがとうございました。そして、一緒に練習してきた仲間に、『ありがとう!これからもよろしく!』

 2008.11.30 鳥屋野ファイターズ 川崎 一子(6年生保護者龍汰の母)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらこそ

覚えてますよぅ(^^)転んだの(^^)こちらこそ、川崎父にはお世話になりました。川崎さんが練習に来始めたのは、リョウタが4年生になってからだったと思います。スポーツやっていたから我慢できなかったんでしょうねぇ(^^)話をしたら「昔キーパーやっていましたよ」なんて言うもんだからつい。そのあと本人に交渉し、そのあと代表に報告に。すんなり受けていただいてありがとうございました。奥さんの言うとおりで、人って、当該者と話をするより、ほかの人の言うことを受け入れることが良くありますよねぇ。僕も、試合が終わって、子供たちに話をしても、なかなか子供たちの頭には残らない!そんな時、川崎父から補足してもらってましたよ(^^)。ありがとうございます。正直、ファイターズの6年生には、情が深く、自分の子供のように思っています。リョウタがやめるとき、僕が教えてあげられる期間は6年生までだし、中途半端でやめる子供にはなってもらいたくなかったんですよ。そのやめることを回避した日から、リョウタは強くなりましたよねぇ。顔つきと発言、行動が変わったと思います。元気なリョウタを見て非常にうれしかったです。そして、最近では自分で決めた受験へのチャレンジ!!!いつも子供たちには言っているんですが「まずはやってみること」が大事だと思います。リョウタ受験にチャレンジすると聞いたときは本当に強くなったことと、自己主張が強くなったことがうれしかったです。結果はうわさで耳にしましたが・・・・。これからも、リョウタにはいろんなことにチャレンジをしてもらい、そしてやり遂げる!!ということに期待します。中学校になってもサッカーを続けてほしいと思っています。三月までよろしくお願いします。

捧 朋弘 | URL | 2008年12月23日(Tue)19:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。