FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こんにちは。

 今年度鳥屋野ファイターズの副代表をすることになりました1年と6年の保護者の蔵田です。
 私がファーターズと関わったのは去年の6月に子供がファイターズに入部してからなので、まだ1年もたっていません。正直自分の子供がいる学年以外は、顔と名前が一致しない子がたくさんいます。いろんな学年の練習に顔を出して早く覚えたいと思います。非力ではありますが少しでも鳥屋野ファイターズの為に何か出来たらと思っております。宜しくお願いいたします。
 さて、せっかくこういう機会を与えていただいたので試合や練習を見ていて私が思ったことを書きます。それはサッカーにもっと興味を持って、もっと好きになってサッカーと真剣に向き合って欲しいということです。サッカーと関わるのはファイターズの練習の時だけではなくて、普段からJリーグの試合見るなり、何でもいいので興味を持って見て欲しいと思います。サッカー素人の私が言うのもなんですが、試合中や練習中に監督やコーチから注意をされても何が悪かったのか、何をどうすればいいのかわからなくて呆然としているところを見かけることがあります。何も特別難しい言葉を使って分かりづらい言い方をしたりはしていません。せめて監督・コーチの言うことを理解できるようになって欲しいし、分からなければ分かるまでとことん聞いて欲しいと思います。
 ことわざにも「好きこそ物の上手なれ」ってありますもんね。
実は私は作文がどうも苦手でこれ以上長くなると取りとめがつかなくなりそうなのでこの辺で終わろうと思いますが、あるチームのジュニアユースコーチのブログを読んだ時にジュニアゴルフ塾の塾長が言ったという言葉で印象に残った文章があったので紹介します。
 みなさんはどう思われるでしょうか。(特に最近反抗期で親の言うことを何一つ聞こうとしない我が息子はどうかな?)

 「言い訳する人間というのは自己評価するんですよ、自分や自分の行動を。 そして周りと比較する。 比較すると当然不満が出る。 周りは評価してくれない、とかね。 すると周りの人間との関係がまずくなる。 そういう人間というのは不満を持って結局自分から外に出て行かざるを得なくなるんです。 それを繰り返して友達をどんどん変える、関わる人間たちをどんどん変えていく。 社会的にも人間的にも良くない方向に進んでいくんです。 自分の主義、情操力、価値観が変わっていくうちに、どんどん落ちていくというケースがなぜか多い。 良い方向に進むというケースはほとんどない。 言い訳を考えているうちに、後退していくんです。 本気で勝ちたい、勝とうとする人間は、黙って繰り返し練習するんです」

 2007.04.22 鳥屋野ファイターズ 副代表 蔵田
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

蔵田さんには、日頃よりクラブにご協力頂きありがとうございます。

蔵田さんはご自身もサッカーが大好きで、練習の合間にはよくボールを触っている姿を見かけます。
蔵田さんが言うように”好きほど物の上手なれ”はとてもよく分かります。

サッカー以上に好きなものがある子供は、サッカーが一番(好き)の子供よりは少し上達が遅れているように感じます。
子供たちには、まずサッカーが好きになることが上達の一番の近道ではないかと思います。

蔵田副代表には、先週も息子さんのU-7、U-12と両方の練習に参加・協力頂きありがとうございました。
「副代表」「保護者」と大変忙しい1年になるかと思いますが、よろしくお願いします。

P.S 親父っちチームの中心選手(特にスピードは№1さすが元陸上部)でもあるので、
  ご自身のレベルアップもよろしくお願いします。
  そして今年こそは是非、親父っちチームも大会に出たいと思います。

代表 古俣 | URL | 2007年04月23日(Mon)23:05 [EDIT]


蔵田さんのブログ登場ですね(^・^)
毎度、お世話になってます。

芝公でも子供とボールを蹴っているより、蔵田さんと
蹴っているほーが楽しい私です♪♪♪

子供達には。。。。。。
???何の為に練習に来ているの???と思うことが多々
あります(ToT) クラブに入ってやっているのだから、上手くなりたくないの???とかも思ったりします(ーー゛)
自分自身が、上手くなりたいとか思わないうちは、我々がどんなアドバイスをしても、ただ、ただ聞いているだけ!になっているよーです。
上手くなる答えは、自分自身の中にあるのだと私は思いますが・・・・・・・
それを目覚めさす事が、我々の役目といえば.....それまでなんですが(・.・;)

蔵田さんにも、子供達が「目覚める!」お手伝いを一緒にして頂ければ助かります。
そして、そして、私の芝公でのボール蹴りの相手もよろしくお願いしますね<m(__)m>

監督 倉田 | URL | 2007年04月24日(Tue)19:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。