FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファイターズでの3年間

 今となっては…
 4年生になる時ファイターズの入部案内を貰ってきました。
 正直わたしは、優太がサッカーをするとは全く思っていませんでした。運動するのが好きなことは気付いていましたが周りの雰囲気から、きっと野球部に入るのだろう…と思っていたのに意外な展開でした。しかも、サッカー部は当番やらなにやら親の出番が多く非常に大変だという話を噂で聞いていたので、できれば止めてほしい…というのが本心でした。
 入部説明を聞いて、「やっぱりやめたほうが(やめさせたほうが)良いかも」とずーと思っていました。でも優太の気持ちは変わらず結局入部するに至りました。
 入部してみて、『う~んやっぱり面倒くさーい!』『え~つ!?』と感じることは多々ありましたが、卒団の今となってみればあっという間の3年間でした。
 この3年で優太がフィールドに出られたのは…… ベンチを暖めている機会の方が多かったとわたしは記憶しています。(笑)小さな頃から決して『我先に!!』というタイプではない子でした(いまだにそうですが)。でも、決して泣き言も言わず愚痴もこぼさず3年間やってこれたのはファイターズの居心地がとてもよく、優太にピッタリとくる場所だったからなのではないかと母は感じています。そんな場所を見付けられた優太は幸せだったと思います。そして、かけがえのない仲間もたくさん作ることができた事も幸せの1つですね♡
 サッカーの技術はすごく上達した!とはいえなかったかもしれないけれど、体力面・精神面ではすごく成長できたと感じています。こうして考えてみれば、母の気が進まず入部したことに今となってみれば後悔ですね。今は感謝・感謝です♪これからこの3年で得たものを生かし更に成長していって欲しいものです。
 最後に倉田総監督をはじめコーチ陣、保護者さんファイターズを支えていた様々な方、本当にご苦労様でした。そして本当にありがとうございました。

 2007.02.19 鳥屋野ファイターズ 渡邉 久仁子(6年生保護者 優太の母)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

確かに当番や役員は・・・大変ですね(・.・;)
だから優太は、優太がサッカーできるよーな環境を
与えてくれた親に、感謝しなければならないと思います。
今の時代は、我々の頃と違い、保護者の助け無しでは、クラ
ブ活動できない時代です。
また、保護者が参加する事により、家庭で共通の話題が
持てると思います(^^♪

さて、優太ですが.......左利きというので、やはり左サイドでの起用が多かったよーに思います。
ベンチにいる時でも、試合に出してくれ!とは、なかなか、
本人の性格上言えないみたいで・・・いつも目で訴えている
のが印象的でしたね(笑)

技術的にも上達しましたが、当初.....優しい???性格が邪魔して、なかなか相手との競り合いや、1対1ができないでいたよーに(ToT)感じられました。
ボールを持ったら、内にこもる性格を振り払い、遠慮しないで、自分自身を表現し、主張していって欲しいなぁ~!

優太が、中学でサッカーを続けるならば、マズは、その優しいハートを鍛えねば!!!
ハートが強くなると⇒自分に自信も生まれて⇒サッカーへの考えが変化して⇒もっともっとサッカーがやりたくなり⇒もっともっともっと上手くなりますよ(#^.^#)

上手くなったら・・・いつでもファイターズへ自慢に来て下さい<(`^´)>

監督 倉田 | URL | 2007年02月20日(Tue)13:12 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。