ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

貴重な三年間・・・・・。

 3年前子供からファイターズに入りたいと言われた時、何かスポーツをさせてあげたかった私は何の抵抗もなく“いいんじゃない”って許可しました。野球でもバスケでも子供がスポーツに熱中することは大賛成でしたから。あとは“父にまかせればいいや”というホント軽い気持ちでのスタートでした。
 4年生の頃は私自身右も左もわからず、言われたことをやっていたのか、どうだったのか覚えていないくらいあっという間の1年でした。
 5年生では試合や大会がにわかに増えていき毎週忙しい週末を過ごしているうちに、父に任せるどころではなく、ビデオカメラウーマンに変身しすっかりハマッテいました(笑)。でもこれは私の楽しみのひとつで、試合後親子でビデオを見て話に花を咲かせるコミュニケーションでもあったんです。ですから、夫婦二人で負け慣れてる子供に奮起してもらいたくてダメ出ししたり、悔しくて泣くほどに真剣にプレーしてもらいたくて叱咤激励をしました。かなり凹む様なことを父と2人で言い激する事もありました。親に言われて苦しい~っていう気持ちをエネルギーに変えてもらいたかったんですけど、どうやら我が子には逆効果だったみたいで・・・大反省です。
 5年も終わりの頃でしたか、6年生で付ける背番号を“監督に10番って言われた!”って普段は感情を表に出さない子が、よろこんで練習から飛んで帰って来たという日がありました。多分ビックリしたのと、ヤッターっていう二つの気持ちを身体一杯に感じていたのではないかと思います。父と子がその話で盛り上がっているのを見ているのは私にとって幸せの光景でした。普段は目立たない子なのに選んでもらえたとワクワクしたのを忘れる事はできません。
 それはきっと(大げさかも知れないけど)亮が4年生の参観で将来の夢を発表したとき、サッカーがうまくなったらアルビレックスの選手になって、親孝行したいって言っていたことに少し近づいた様な錯覚をして、夢が叶うといいなーとほのかに思った瞬間でもありました。
 その後、6年生で10番を背負った本人は期待される嬉しさと、出来ないジレンマに落ち込んだり、壁にぶつかる事もありましたが、周りの大人に声をかけてもらったり、仲間のさりげない言葉と存在に助けてもらったり、きっと子供なりに仲間の大切さを感じていたのではと思います。
 最後に惜しみない愛情と時間を費やして下さった倉田総監督をはじめ、コーチ陣の皆様、常に見守り続けてくれた父母のお陰で、サッカーを通じて少しずつ成長してくる子供の様子を見る事が出来ました。また、亮輔には沢山の大人たちに守られてサッカーが出来たことを忘れないでほしいとおもいます。お世話になりました。ありがとうございました。
 内輪の話ですみませんが、最後のさいごに、週末の家事をサポートしてくれたおばあちゃん、我慢にガマンをさせた麻奈実ちゃん、二人の協力なしでは親二人でサッカーに浸かることは出来なかったと思います。ありがとうございました。
 2007.02.11 鳥屋野ファイターズ 蒲沢 典子(6年生保護者 カンの母)

 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

蒲沢カメラウーマン???には大変お世話になり
ました。
とくに......疑惑の退場問題の試合のビデオでは(笑)

蒲沢家も・・・かなり、ファイターズに浸かり・・・
父上においては、溺死寸前まで浸っておりますね(爆笑)
ファイターズに浸かってるうちに、サッカーの見方も父上
は、変化しているのがよく分かりましたよ!
サッカーって..............麻薬ですよね!
んんっ....................アルコールかも!!!

さて、☆ナンバー10☆のカンちゃんですが・・・・・
最初の印象が薄かった(・.・;)
ところが、試合になると今の6年の中では、抜群のスキルの
持ち主で(@_@;)やや、ビックリ!!!!!
しかし・・・この性格>>>>>何とかならんもんかなぁ~とも密かに思ってました(ーー゛)

私が、如何なる時でも動かさなかったメンバーは、縦のラインなんです。
コマ、悠作、カンちゃん!
後のメンバーは、動かしまくりましたね(^.^)すんません!
それほど、カンちゃんに期待していたということなんですが・・・プレシャーになってたかもしれませんね。
10番を背負ってゲームに出るだけの能力は、充分あるはずなんで・・・・・あとは、性格。。。。。。。。
現時点では、ボールコントロールは1番で問題なし!
しかし、ボールキープ時に、次への局面への切り替えが、やや遅い感じがします。
個人スキルが高いので、中学では、もっとシンプルにボールを動かしていけたら、まだまだ伸びますよ!

カンちゃんは、自分自身にもっと自信を持ってプレーしても
いいんじゃないかなぁ~(^o^)
中学では、自分の殻を破る努力もして欲しいものです。
やっぱ・・・・・10番ってカッコいいよねぇ~<(`^´)>

あ~ついに10人目が終了。。。。。。。。。。。。。
イバラの道も半分を・・・やっと通過しました(笑)

監督 倉田 | URL | 2007年02月13日(Tue)20:36 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。