ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年頭挨拶  ~ 協力と連携、そして地域への貢献 ~

 鳥屋野ファイターズのクラブ員・保護者の皆様、そして運営スタッフ・関係者の皆様、新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、2007年という新しい年を、楽しく家族の皆さんでお過ごしのことと思います。

 2006年は、本クラブの運営体制の見直しや規約の大幅改正などクラブとして、大きく変わった年でもありました。クラブ運営に携わる方々が一致団結し、より良いクラブ作りという目的に向かい船出をし、故今井監督の遺志を引き継ぎ、鳥屋野ファイターズが大きく変貌した年でありました。
 U-10がJA共済カップで県大会出場を果たし、少年少女大会ではU-12・U-11が揃って、決勝トーナメントに進出、小須戸ライオンズカップにおいては、U-12とU-10がアベック優勝するなど輝かしい戦績を残した年ではありましたが、その反面、全少大会や新津カップなどの公式戦では、まだまだ力不足であることは否めませんでした。また、例年になく練習試合等を多く行い、他のクラブとの交流を深めた年でもありました。これらのことは、運営スタッフや保護者の方々のご協力により行われており、クラブ員諸君は、感謝の気持ちを忘れずに取り組んで頂きたいと思います。

 さて、2007年、気持ちも新たにして、鳥屋野ファイターズが掲げる 『 5つの理念 』 を年頭に置き、クラブ員ひとり一人のために、進んでいかなければなりません。特に、今年度は新たに、小学校 1、2 年生のクラブ員をお預かりすることになり、クラブ員の数も増加することから、運営スタッフと保護者の方々との 『 協力と連携 』 が益々重要になります。また、サッカー人として、クラブ員には着実に基本を身に着けてもらい、次のステップに向かうように努力して頂きたいと思います。
 クラブとしても、地域に根ざし、サッカーを通じて 『 地域への貢献 』 を積極的に行っていこうと考えています。ただし、子供たちもサッカー人である前に、学校の児童であります。学校活動や学習並びに地域活動が最優先されることは、当然のことであり、各人がそれぞれに責任と自覚を持って、クラブ活動に取り組んで行かなければなりません。
 クラブ員、保護者の方々、そして運営スタッフが三位一体となって、より良いクラブ作りを目指し、一歩一歩前進したいと思います。
 最後に、皆さんのご多幸をお祈りすると共に、今年もまた変わらぬご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。

 2007.1.1 鳥屋野ファイターズ 代表 古俣 力
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 鳥屋野ファイターズの皆様、新年明けましておめでとうございます。
 古俣代表には、新年早々に年頭の挨拶に関するブログをご投稿いただき、本当にありがとうございました。また、代表、総監督、コーチ部責任者の方々には、ブログ投稿に関するコメントの投稿いただき、とても嬉しく感じています。”本当にありがとうございます。”
 新年を迎えた今日の新潟市内は、とても温かく明るい元旦となり、天皇杯決勝ではないですがサッカーが外でできる陽気でしたね。いつの日か当クラブの卒団生から、この夢の舞台に立てる選手が出ることを願いたいです。(大きな夢、目標?)
 さて、2006年はクラブの運営体制の基盤作りに一致団結して取り組んでまいりました。
 2007年は、クラブとして地域の繋がりにより重点をおきながら、選手(クラブ員)のみなさんには基本、自主性を大切にしていただきたいと考えています。
 最後にファイターズ関係者のみなさまと今後も一緒に地域の子供たち、クラブの育成に関わりたいと思います。
 これからも宜しくお願いします。

クラブマネジャー 小山 正樹 | URL | 2007年01月01日(Mon)21:46 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。