ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熱き親父と少年サッカー

 本当に何を書こうか悩みました 。鳥屋野ファイターズに関わって早一年半の感想文を書きます!
 私とファイターズとの出会いは、自分の息子が『サッカー部に入りたい』との一言でした。当時の私は、無知で学校のクラブか何かと思い、授業の延長だと思っていました。入部説明会もカミさんに行ってもらうくらい実際、無興味でした。
 そして、初練習の前日に会議とその後懇親会があるとの事で、私自身ちょっと話を聞いて飲み会があると思って参加をしました。しかし会議に行って見たら、そこにいたのは熱き親父たちの姿でした。私はびっくりしました。
 審判を取りませんか?と熱い勧誘、練習には大人協力が必要という熱い勧誘、少年のようにサッカーを語る親父、監督、コーチ(親父たち)のあまりの熱さにとまどってしまいました。
 そして、次の日の(現5年生)の初練習は、あいにくの雨模様、さっそく初練習に参加しました。(ほとんど立って見ているだけでした。)そこで、少年サッカーを初めて見ました。かっこいいなぁ~。今までにない違った興奮を感じるのがわかりました。残念ながらその日は、雨のため1時間ぐらいで練習が終わったと思います。そして、たしか初めて見にいった大会は、寺泊だったと思います。その時に初めてグランドに熱い視線をおくるジャージをまとった親父たちがいました。そして、倒れるんじゃないかな?と思うくらい声をあげる母ちゃんたち、初めての大会(試合)は、過ぎていきました。
 それから、早一年半いろいろな出来事を見て来ました。朝早く子供たちのために、グランドの草をむしる姿、グランドの石を拾う姿、びしょ濡れのグランドに砂をまく姿、練習前にラインをひく姿。子供たちのは熱い親父たちと母ちゃんたちと監督、コーチに守られ、サッカーというスポーツが出来ると思いました。一年半が経って思います。私も熱き親父たちの一員になれたかなぁ~。自分自身サッカー未経験でしたが、たまにボールを蹴らさせてもらい!できる事ならば、この少年達よりもうまくなりたい!っと思うようになってきました。
 サッカーというスポーツには不思議な力があり、親父を少年にする力があります。グランドでボールを蹴り始めると少年に戻り夢中で走ります!その魅力にとりつかれた親父たちは『おやじっち』に入部するようです!いつの日か鳥屋野ファイターズを卒業した少年が熱き親父となって戻って来て『熱き親父と少年サッカー』がずーっと、ずーっと続いていけば最高です!日頃から、子供たちのために日夜、努力をしていただいている代表、クラマネ、監督、コーチ、事務局の方々、親父達、母ちゃん達、書ききれないけどみなさん本当にありがとうございます。この場をおかりしてお礼を言います。それと、たくさんの子供達と親父達と母ちゃん達と監督、コーチ達にめぐり合わせてくれた鳥屋野ファミリーに感謝です! 以上が私の感想文です!

 2006.10.30 鳥屋野ファイターズ U-11コーチ 高橋浩司


 「熱き親父かぁー」そういう高橋さんこそ、鳥屋野ファイターズにどっぷりつかり、熱いお父さん(兄貴?)の仲間入りをしていませんか?子供たち以上にサッカーが大好きで、夢中でボールを追いかける姿は、とてもかっこよく写ります。子供たち一人、一人に気を回し、声をかけ、子供たちの良き相談相手となっています。そんな高橋さんは、子供たちにとって良きライバルであり、兄貴的な存在ではないでしょうか。試合中も大きな声で声援を送り、特に試合後には調子の出なかった子供に、声をかけ励まし、優しく接している姿がとても印象的です。これからも、子供たちと共にもっともっと、サッカーを愛し、おやじっちのエースストライカーを目指してください。これからも、鳥屋野ファイターズのために、共に頑張りましょう。
 P.S 高橋さんは、かなりサッカーが上手くなったように思います。サッカーが上手いうえに、イケメン。羨ましい限りです。

 2006.11.01 鳥屋野ファイターズ 代表 古俣 力
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。