FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

父はおいて行きます(笑い)

 たけるは幼稚園の頃からサッカーに興味を持ち始め、1年生の時にお友達に誘われアルビのスクールに入りました。
 2年生の終り頃「たまたま」遊びにきていたゆずくんとゆっちゃんに入部するのか訪ねると「入る」の即答(・。・)(まさかゆずくんの御両親がファイターズのいちみだとは知らず…)……
 たぶんその日、このふたりではなく 違う友達が遊びに来ていたらきっと入部していなかったと思います( ̄∇ ̄)
 その後ゆっちゃん同様ゆずくんの「紙出した?」攻撃に合いました!(・oノ)ノ
 ある日、入部を拒んでいたたけるが「もう紙出して!ゆずくんが毎日紙出した?って言うから…」

 こんなカンジで入部しました。

 父への練習参加のお誘いも「どう言って断るのかな…」て思っていたら

「じゃ来週から出ようかな♪」の衝撃的な返事に唖然としました(゜□゜)!!これも野上さんの罠にはまってしまいました。

 あれよあれよとファイターズにのめり込み…思いがけず楽しい日々を過ごすことになり(*´▽`*)
 野上さんの罠にかかってよかったって思う日々が続きました。

 ですが…
 5年生の春にとても仲のよかった友達が転校することになり(>_<;)たけるより早く転校の事を知らされていた母ですが

 たけるが知ったらどんなにショックを受けるのかと思うと…辛かったです(/ロ≦。)1年から4年まで同じクラスでファイターズでも一緒、夏休みも殆どの日々を一緒に過ごした大切な友達でした。

 たけるがその事を知った時の落胆した姿は 今思い出すだけでも切なくなります。送別会の時にもらった彼からの手紙の「いつも一緒にいてくれてありがとう」の文字が胸に刺さりました(涙)(T^T)

 たけるはその頃少し元気なくしてましたね…

 同じ時期から母の仕事が忙しくなり 試合に行けず…2人の後ろ姿を見送ることが多くなりました。 冴えない顔で帰宅し たけるはすぐさま自分の部屋へ直行↑後に父がその後ろを追うように部屋に入り…

 しばらく出てこない(´д`)~З


 そんな事も多々ありましたけど

 父と2人で歩んだファイターズの4年間。きっと大切な事がずっしり詰まっていると思います。

 情けないプレーをしては怒られヘコみ(〃_ _)σ∥それでも当たり前のように練習へ行き…
 おそらくGReeeeNの歌を聴いて自分を奮い立たせて頑張ってきたんだと思います(予想)

 転ぶことが嫌いで(好きな人はいないと思いますけど)理由は痛いしかっこ悪いから/( ̄口 ̄;)\転ばない様にしてたのかなぁ~

 できればもっと強い男になってほしいです(*v.v)

 小さい頃は男の人が苦手なたけるでしたが ファイターズの親父達のおかげで少しは克服出来たかもしれません(*^▽^*)

 監督、代表、運営スタッフ、コーチの方々、そして保護者の皆さん、大変お世話になり ありがとうございました。

 とても寂しいですが卒団です。。。

 父はおいていきますね。よろしくお願いします。

 2010.02.08 鳥屋野ファイターズ 椎谷洋子(6年生 保護者 健の母)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在のファイターズのカタチが出来つつある4年前。
当時6年生の長男カズキの在籍と次男ユズキの入団予定という理由かどうかはわかりませんが、新設される3年生の面倒を見ることになりました。
サッカーなどまったくわからない典型的なお父さんコーチの誕生でした。

どんな子どもたちが入団してくるのだろうか?
どんな保護者たちなんだろうか???
こんな素人の自分が果たして子どもたちを指導することなんてできるのだろうか?????

不安を抱えつつやがて迎えた4月。
入団して来たカルガモ7羽(当時)。その中にタケルとその父の姿がありました。

そして、ファイターズの「いちみ」に改造させられていた私に
悪魔の囁きが…

「あの父を仲間に引きずり込むのだあぁ」

典型的なマイホームパパ(勝手なイメージ)のその父は見事、罠(?)にはまって下さいました。
きっとお母さんは頼まれたらイヤと言えないお父さんの性格を知っていたのでしょうね。
人一倍責任感の強いお父さんとそれを許してくれたお母さん、何より妹のアカリちゃんに感謝です。

父の存在はどれだけ心強かった事か。
それは私だけではなく、子どもたちみんなにとっても。
そして「あの頃」のタケルにとっても…

この時期の息子と父親の関係ってとても大切なんだそうです。落ち込んだ時、悩んでいる時、嬉しかった事も苦しかった事も…
男同士だからこそ理解できるってことあるのだと思います。

カルガモの息子たちの成長を共に歩んでいただき本当にありがとうございました。

どうかタケルはもっともっとお父さんに感謝して下さい。
どんな時でもいつもそばにいて心の支えになって応援してくれていたことに。
どんなに忙しくてもタケルのために頑張っているお父さんに。

この4年間、本当にありがとうございました。
卒団までのあと僅か、もう少しだけこの学年にお付き合い下さい。

そして、鳥屋野ファイターズの「いちみ」になる事を許して頂き、お父さんを「置いていって」下さるお母さんとこれからも大事なパパをお借りしなくてはならず、ひょっとして寂しい思いをさせてしまうかもしれないアカリちゃんに。

たくさんの感謝をこめて。


カルガモ軍団 団長 野上

| URL | 2010年02月12日(Fri)14:47 [EDIT]


コメントがまだ終わらんうちに卒団式が近くなってきてますなぁ~ヤバい!ヤバい(>_<)

このブログは読んでて。。。ホントに椎谷ママそのまま!
『あーこんな感じでいつも喋ってるわ!』て感じの文章でかなり笑えた(^・^)

健のパパ>>>椎谷さんを初めて野上さんに紹介されたのは、確か...春の『せきとり』での懇親会だったよーに覚えています。
ヨロシクと挨拶を交わしたものの心の中では『あーぁ...このパパも野上さんの悪!?の勧誘にのっちゃたのね^m^』

しかし、その後の椎谷さんの活躍は凄かった↑↑↑
審判を任せてもとても素人とは思えぬレベルに進化したし、自らもサッカーをやり始めちゃった(@_@;)
これがマジでなかなか↑上手いし、野球人とは思えぬ動きでビックリ!!!

あっ・・・椎谷さんを↑↑↑誉め過ぎて健へのコメント忘れそーだった(・.・;)

健は転ぶのが嫌いか!??? 痛いから!???
うーーーん.....なんかプレー見てるとそー思える(T_T)

まぁ~本人が本心からそー思っているかどーかは別としても
・・・じゃー健にパスをつなげて前でプレーさせてるのは誰なのかな!???
後で競って、転びながら体を張り、痛い目をしている仲間がいるからじゃないのか!!!???
健に期待を込めてパスをつなげている後のプレーヤーの事を考えたら容易くボールを失ってはいけないと思うよ!!!

健のウィークポイントにスピードという言葉がついてくる!
抜いた相手と二度目の勝負なんて毎度の事だし(笑)
でもでも。。。健は足下のプレーが柔らかくて上手い!!!
それにパスも正確で丁寧だしね(^_-)-☆
フットサルに移行してからの健のボールタッチは見事でキレもあった(^.^)

スピードや体力なんて中学や高校で自然と...いや無理ヤリついてくるものだと思う!!!
ところが、足下の柔らかさはこの時代ほぼ出来てしまう!

健は、自分自身のストロングポイントを理解して、走力、体力ができるまで簡単にボールを失わない工夫をして欲しい!
転ぶ事は痛いかもしれないが、カッコ悪い事じゃー決して無い! 体を張って奪ったボールを体を張ってキープする!これって大事だし、仲間も認めて信じてパスを供給するよーになるはず(^_^)v

健には、簡単な事を難しく見せるプレーヤーじゃなく、難しい事を簡単にやって見せてしまうプレーヤーになって欲しいと思うな(^o^)

卒団しても親父っちの練習にきて、この先デカく(たぶんなるであろう...)なって柔らかく滑らかにボールを動かす健を見てみたいと思います⇒期待してるよ\(~o~)/

椎谷ママには.....大きな置き土産をありがとさん<(_ _)>です。大切にファイターズの一味に...そして幹部候補に育てて行きます(爆笑)

監督 倉田 | URL | 2010年02月26日(Fri)19:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。