FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仲間に恵まれて

 卒団も近づき、「京汰は何故サッカーだったのだろう?」と改めて考えてみました。
 新潟にビッグスワンと言う立派な器が完成し、2002年ワールドカップで一段と盛り上がり、さらに生ベッカムを目撃してしまった時点でスイッチオン!
 それまでサッカーには全く興味の無かった両親が「俄かアルビサポーターズ」として覚醒し、京汰が5歳の時、名前も忘れてしまったくらい怪しげなサッカークラブへ入団させたのが、彼とサッカーの出会いだったと記憶しています。その後アルビのスクールにも入り、そして小3からは何の迷いも無くファイターズに入団させていただき、早いものでもう4年が過ぎようとしています。
 ファイターズに入団してからは、親子共々サッカー中心の生活で、カレンダーはファイターズの予定でビッシリ。毎週毎週いろいろな小学校、恒例の寺泊、はたまた柏崎や長岡への遠征で、早朝からバタバタしたり、ラッキーにも6年生の代理出席でお鉢がまわってきたアルビの「ボール贈呈式」でビッグスワンの大スクリーンに映し出された彼らの姿に大感激!したり。
はたまた、アルビレッジでは子どもの試合そっちのけで、ミーハーな母はアルビの選手を追っかけたり^^;と、とても書き切れませんが、どれもがとても良い思い出です。
中学へ進学すると、この週末の楽しみがなくなるのかと思うと、とっても悲しい(ToT)
 京汰に関する思い出といえば、とにかく本番前の弱さ(メンタルもフィジカルも)。5年生の時に連れて行ってもらった全少の予選、前週に捧監督から「京汰スタメン予告」された途端、大プレッシャーからかどうも顔色が冴えない。案の定、当日初戦の試合直前「お腹が痛い」と”ヘタレ京汰”がご登場、結局その試合には出ずじまい(まあ先輩の大事な試合でド緊張だったのでしょうが...)。そして昨年の紫鳥線カップ初日の試合前のアップの最中「足くじいた」とビッコ。翌日医者に診てもらったら何と足首の靭帯断裂。「エ~ッ嘘でしょ?」あと1か月で全少予選なのにぃ~。アップで怪我すんなよぉ~(-_-;)さらに次は、12月の東北電力の大会前にまた足首捻挫と、本当にヒヤヒヤしっ放しでした。...とまあ、いろんな意味で頼りないキャプテンだったのではと思います(何か独特の美学があるらしく変な所で頑固で^_^;) が、そんな京汰を周りから支えてくれたファイターズの皆んな、ありがとうございました。
最後になりましたが、ファイターズの4年間、京汰も私もとても充実した時を過ごさせていだいた事に感謝します。古俣代表、倉田監督はじめ、コーチ、スタッフの皆様本当にありがとうございました。

 2010.01.29 鳥屋野ファイターズ 事務局長 田子由実(6年生 保護者 京汰の母)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

遅れながらも追いつきました(^.^)
ついに京汰まで...いや...やっとかな!???

京汰。。。京汰を初めてマジマジ見たのは...確か美咲町の芝公だったよーな(?_?)
あの頃って...練習以外で芝公にガキ共と頻繁ボールを蹴りに行ってたからなぁ~(^^♪

『なぁー!??? あの子誰???』
『田子だよ!!! 倉田さん知らないの!??? ファイターズの3年生じゃん(ーー゛)』
『ごめん<(_ _)> 知らない!』てなヤリ取りを当時の6年生とした記憶があると同時に『へぇー(・・? こんな↑上手い3年いたんだ!』と感心した事も憶えてますわ!

実際にカルガモ軍団とサッカーを共にする事となり、マズ最初に京汰に懐いた感想といったら>>>『こいつも喋りが苦手なタイプかよ(ー_ー)!! しかも喋ると空気抜けてるし!!! しかもしかも...かなり頑固だし!!!』
ごめんねぇー京汰! 本当の事言っちゃって(笑)

まぁ~性格はしょーがないにしろプレーは素晴らしい!!!
ボールポゼッション練習時に、私もたまに混じって練習する事があるが、1番自分の考えに近い大人のサッカーをするのが京汰なんだよなぁー(#^.^#)
ここへ欲しいという所に見事にボールが出てくる!
ダテに“10”番つけてないねぇーって感じ(^_-)-☆

歴代見てきた子供の中でも>>>かなり↑上手い!
しかし、性格が邪魔して『田子京汰』というプレーヤーを上手く見せない!!! 
パッと見・・・サッカー分からない人が見たら普通のガキにみえるだろうなぁー(ToT)

京汰。。。もっとサッカーで欲を出さないと損をするぞ!
もう.....かなり損してるよーだと思うけど(>_<)

京汰は自分自身のストロングポイント分かる!???
分かってるの???
そのストロングポイントを使って、トップスピードでシフトチェンジを加えながら滑らかに相手を抜いていく京汰をこの先も見てみたいと思うけど\(~o~)/

中学、高校と成長した京汰と一緒にサッカーをやってみたいと思うし、一緒にプレーできる事を♪♪♪楽しみにしていますよ♪
将来的に少し自分を曲げなければならない時が必ずくる!
頑固な京汰には辛いかもしれないが...頑張れ!!!
それが京汰を↑もっと↑もっと↑↑↑伸ばしてくれると思うから(^_^)v








監督 倉田 | URL | 2010年02月05日(Fri)19:15 [EDIT]


この学年には「3人」のキャプテンがいます。

「1人」は必殺サッカー仕事人!倉田キャプテン(監督)。
「1人」は(静かなる)トップチームキャプテン、ケイタ。
そしてもう「1人」は田子隊長こと、田子母その人です。

常に我が子だけでなく子どもたち全員に気を配り、分け隔てなく褒めて叱りとばすその勇姿(?)は今まさに失われつつある日本の肝っ玉母さん!!
時には「(練習時間)もう終わりですよ!!」。「ストレッチはしっかりやって下さいね!!」ってご指摘もしばしば(汗)

おかげでなかなか手の回らない部分までしっかりフォローしてもらい、この学年をまとめて頂き大変感謝しております。
そして、心強い応援団長でもありました(ベンチからの声より大きな)熱い熱い声援ありがとうございました(爆)

そんな母とはまったく正反対の我が子、キャプテンケイタ。
すでに倉田監督より温かい(?)コメントを頂いているようなのであまり細かくは触れません。

お利口さんでちょっと大人びているケイタ。きっと監督の言っていること、理解しているのだと思います。なぜなら彼はとてもとてもサッカーが大好きなのだから。

だからこれは私のひとり言…

人との「和」を大切にするあまり、自分を殺してしまわないで下さい。

トラブル回避のための人との摩擦を怖れないで下さい。

自分の本音をぶつけられる良き理解者を見つけて下さい。

あっという間の4年間でしたが、鳥屋野ファイターズにお付き合い頂き本当にありがとうございました。卒団までのあとほんの少しだけ、よろしくお願いします。

キャプテンという大役と事務局長という大役を務め、常にファイターズ全体の中心になって頂いた母子と、
いつも送迎や声援を送り続けて頂いたお父さんに。

たくさんの感謝をこめて。


カルガモ軍団 団長 野上

| URL | 2010年02月12日(Fri)13:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。