FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「貴重な瞬間」

 鳥屋野ファイターズの皆さま、大変お世話になっております。
 代表、監督、コーチ、そして親父っちの皆さんには、本当にお世話になりました。
 3年生で入団して以来4年間、週末の多くを親父っちの皆さんと共に過ごしていたのではと思います。ある意味お得な性分の優也は、ゆうや~ ユウヤ! ユーヤッ!!とたくさん呼んで頂きました。感謝、感謝です。
 最初は友達に誘われての入団。サッカーやる!という単純な気持ちだったように思います。けれどそれ以上に、仲間と分かち合った喜びや悔しさ、色んなお父さんとの戯れ、お母さんとの会話、とても貴重な時間を過ごす事ができました。
 細やかで巧みなボールさばきでもなく、そしてキレイでスマートなプレーでもない優也でしたが、ムードメーカー的なキャラで様々な場面に出場させて頂きました。
 たくさんの思い出がありますが、私が1つだけあげるとすると、ウェルサンピアでの新津カップ5年生大会、「プラマイゼロ、むしろマイ」だったパストゥーディオ戦です。終了間際に根性で押し込んだ同点ゴール。その勢いをかってもらいPK戦の最終キッカーとなったのですが、はずして負けが決まる…という試合でした。戻って来た優也は珍しく泣いていました。負けた悔しさというより、大切な場面で入れられなかった悔しさを感じた時。とても貴重な瞬間でした。
 これからの人生色んな瞬間を経験し、大人になっていくはず。今度自分が親父になった時に、この貴重な瞬間、時間が大きな糧となるでしょう。

 アノ優也にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。 卒団後も顔を出すようなので、その時には懲りずにいじってやって下さい。

 2010.01.16 鳥屋野ファイターズ 齋藤 淳子(6年生 保護者 優也の母)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

もの静かな(?)このチームにとってユウヤのような「ムードメーカー」はとても貴重な存在でした。

当然、人に指示をするからには自分もそれ以上の責任を負わなくてはみんなが納得してくれませんからね。
試合結果もユウヤのモチベーション次第で大きく変わっていたことが何度かありました(…いい意味でも…悪い意味でも)

TeNY杯に臨む作文で私を「絶対にビッグスワンに連れて行く!!」と書いてくれた「切り込み隊長」ユウヤ。
ひょっとして…ひょっとしたら!?…なんて展開も、とてもいい思い出です(ホントは試合中、極度の緊張状態で失神寸前でした…)
奇跡(?)の予選突破するも、2日目トーナメントで敗退。大泣きする子どもたちの「ムード」に私たち保護者もついついもらい泣きでした。
その後もなかなか声を出せないキャプテン(笑)をしっかりサポートしてくれました。

「人はルールに従わなくても、そのムードには従う」

以前、あるスポーツ指導者の講演会で聞いた言葉です。
見事、集団心理を表した表現ですよね。

今後もユウヤにはその力を充分発揮してほしいと思います。持ち前の明るさと「おにぎりパワー」で良き「ムードメーカー」であり続けて下さい。
但し、くれぐれも「パワー切れ」と「暴走」には気をつけるように…(爆)

アシスタントマネージャーとして、我が子だけでなくチームの子どもたちみんなの「貴重な瞬間」をファインダー越しに見守り続けて下さったお母さん、今まで本当にありがとうございました。出張と重なり試合に帯同できなかった時の夜は、出張先でアシスタントマネさんの解説入りの(HP)結果報告、けっこう楽しみでした。(私にとってまさに深夜のスポーツニュース!!)

卒団まで残りわずかになってしまいましたが、あと少しだけ「鳥屋野ファイターズ」にお付き合いください。

それと、忙しい中でも試合の応援や父対子の試合にも快く参加して下さったお父さんに。

たくさんの感謝をこめて。


カルガモ軍団 団長 野上

| URL | 2010年01月16日(Sat)16:03 [EDIT]


やっと.....次がアップされる前に追いついた(^.^)

優也。。。。。マズ一番最初に感じる事が、親の育て方が良いのか!???それとも優也が偉いのか(?_?)
挨拶がキッチリ出来る事ですね!
私を発見すると『こんちわ!!!』と元気よく挨拶するのが、いつも優也だからです。
当り前のよーですが、ファイターズ長男ズには>>>なかなか難しいよーで、とてもカルガモ団長が育てたとは思えないくらいに挨拶が苦手な奴等ばかりで(笑)

まぁ~それはさて置き、優也で強く印象に残っているプレーといったら・・・やっぱ、全少予選のVS上山戦の決勝ゴールかな(^^♪
残り時間の少ない強風の中で、あのタイミングであの場面でよく脚を振りぬいたし、よくぞゴールネットを揺らしてくれた(痺れたぞ!)
ファイターズの試合観戦で、心痺れる試合にあまり出会った事が無い自分だが、このゴールには痺れた(ブラボー!)
『でも.....お前のポジションそこじゃねーし(ーー゛)』とかボソッと呟いていたよーな(爆笑)

優也=ムードメーカーであるかのよーだが、私の考えは少し違う! いや...ぜんぜん違う!!!
ノリもそーであったよーに優也も違った意味で監督とコーチが好んで使うプレーヤーである!
運動量がハンパじゃない(@_@;)
中盤のダイナモ>>>心臓と言っても過言じゃない!
その慌てん坊プレーぶりを差し引いても釣りがくる(^_-)
試合前にポジション説明するが、優也には『お前には自由を与える!』とよく言ったもんだし(#^.^#)
守備時はバランスを保ちながらがベストであるが、攻撃時にはバランスは崩せである!!!
優也。。。だから正解!それでいいんだよ\(~o~)/

優也のストロングポイントはその類まれな体力でのハードワークだし、現代サッカーでは重要な部分である!
オシムがもしファイターズの監督でも優也はきっと試合で使われるであろう(多分...)
優也がもしこの先もサッカーを続けるなら.....このストロングポイントが“齊藤優也”というサッカープレーヤーを助けてくれるだろう(きっと!)

天皇杯決勝⇒ガンバの優勝で今年が始まりましたが、ガンバのアンカーに明神という選手がいる。
遠藤がやたら目立つが・・・遠藤が前線へ攻撃参加できるのも明神がハードワークして中盤のバランスを保っているからだ!!!
もちろんチャンスとみれば自身も攻撃参加してゴールも奪う!!!
優也。。。。。優也にもこの明神のよーにいつまでもハードワークを惜しまない素晴らしいプレーヤーになって欲しいし、なれる匂いがする(^o^)丿

中学でサッカーを続けるならば、親父っちのサッカーに遊びにきて私に『上手くなったなぁ~』とさりげなく言われるプレーヤーになって下さい。
その時を♪楽しみに♪しています(アハハハハっ)

監督 倉田 | URL | 2010年01月20日(Wed)21:00 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。