FC2ブログ

ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

素晴らしい環境

 のりひろがファイターズに入部させて頂いてからちょうど1年が経ちました。
 「いそいそ」が「しぶしぶ」サッカーに行くようになり・・あと1年とちょっとなんだけど・・と思いながらも私の都合もあって前のクラブを退部し・・ただ、サッカーはあんまり楽しくないと思ったまま終わらせてしまうのは嫌だなと。
 そんな時、以前からたまに親父っちで一緒にやらせてもらっていたり、京汰くん、優也くんと何人か知っている顔があったり、何より今やファイターズで知らない人は居ないんじゃないかという心強い田中一家が一緒に入部するという事で、鳥屋野ファイターズにお世話になる事になりました。
 初めて他校からの入部で、しかも練習は週末だけというわがままな話で5年生も終わろうという時の入部だったのでたくさんの人にご迷惑をかけましたが、野上さん始め皆さんに親子共々親切にしていただき本当に感謝しています。
 のりひろは、親もびっくりの速さで鳥屋野ファイターズに馴染み、ゴールが餃子に見えるのではないかとうわさされるほど「にんじん作戦」にまんまと乗り、親にも分らない「スイッチ」が試合になると入り、そして試合が終わると完全オフ状態で「カマキリレース」やら「野球」やら「砂遊び」やら・・なんだかすっかりファイターズを満喫してしまいました。
 その上、楽しくサッカーが出来れば・・・と思っていただけだったのにもう出る事は無いと思っていた全少、少年少女、フットサルと沢山の試合に参加させてもらう事が出来、私も子供達と一緒に一喜一憂出来てホント楽しかったです。
 そして・・ファイターズで一番びっくりしたのは「組織力」です。組織図があってそれぞれ仕事の役割分担がしっかりされていて、自分の子供が卒団した後も残ってファイターズをしっかり盛り立ててくれる父や母達が沢山いるなんて、他のクラブから見たらうらやましがられる環境だと思います。審判の心配、練習場所の心配、コーチの心配、全部きちんと会議で考えてくれるなんて 『すごい!』の一言です。
 もうひとつは「親父っち」や「今井カップ」等、卒団しても大きくなったなぁって言ってもらいながら一緒にサッカーをやれる事です。何か帰る場所がある感じでいいですよね。
 『鳥屋野ファイターズ ジュニアユース』なんて話を小耳にした時は、とても名残惜しい私としては・・実現しないかなぁと期待したりもしましたが・・。
とにかく、サッカーは楽しい!大好き!になってくれてよかった。 素晴らしい環境の中でサッカーをやらせてもらえてよかった。代表はじめ監督、コーチ、保護者の皆さん本当にお世話になりました。
 長くなってすみませんでした。

 2010.01.06 鳥屋野ファイターズ 井沢 恵子(6年生 保護者 昇寛の母)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

魅力のある人間に人は集まります。

何故だろう?口は悪いし(ゴメン!)気がつくと練習そっちのけで母たちとおしゃべりに夢中(ゴメン!×2)
でも・・何故か倉田監督の周りにはいつも人が集まって来ます。

戦力を失っていた5年生時代。「カルガモ軍団」もこのまま卒団を迎えるのかと思っていたあの頃、倉田監督から相談を受けました。
「他校から入団したいって子がいるんだけど大丈夫かな?」
それまで鳥屋野小学校生徒100%だったクラブに(保護者も含めて)受け入れてもらえるのだろうか?
きっとそんなことを心配されていたのだと思います。

鳥屋野球技場やグランセナでサッカーを楽しんでいる倉田監督の「仲間」の中にその子たちの姿はありました。
ファイターズの子どもたちと交ざって楽しそうにボールを蹴る姿に何の違和感も感じなかった事を今でも憶えています。
それはもう、ずっと以前から一緒にやってきた仲間のように。

「転校生なんだから仲間に入れてあげたら」だとか「あの子も誘ってあげたら」なんて俗っぽい大人の心配は彼ら、子どもたちにとっては余計なお世話。
入団当初からノリヒロの周りには自然とみんなが集まっていました。
寺泊の試合でも「ほら、どんぐり見つけた」ってファイターズの子以上にファイターズっぽい!
でも、いざ試合が始まると・・おお、ファイターズっぽくない!
「ゴールを決めたらギョーザだからね」って・・やっぱりファイターズっぽい!!

トムとノリヒロという「魅力ある」2人の入団はカルガモ軍団全体のレベルアップにとても大きな影響を与えてくれました。
それはもちろん2人の力もありますが、1+1=3にも4にもなっていくという他の子どもたちへの相乗効果を与えてくれたからです。

今では他の小学校からの入団も増えました。1年生や女の子までも。当時では考えられなかった事ばかりです。少しづつ
ファイターズも変化してきているんですね。

あっという間の(でも、とっても中身の濃い)一年ちょっとでしたが「鳥屋野ファイターズ」におつき合い頂き本当にありがとうございました。学校スケジュールの違いや練習日、当番から送迎に至るまで、本当に大変だったと思います。
卒団までのもう少しだけ・・・ご面倒おかけいたします。

あらためて、決断して下さったご両親に感謝します。

それと、「風穴」をあけて下さった倉田監督に。

たくさんの感謝をこめて。


カルガモ軍団 団長 野上

| URL | 2010年01月13日(Wed)00:19 [EDIT]


またまた...またコメント遅れですいません<(_ _)>

『ファイターズに二人のノリヒロ有り!』
一人は・・・冬でも燃えて暑苦しいカルガモ団長!!!
もう一人は・・・目の前の人参に燃えて熱いノリ(爆笑)

このノリ。。。まったく別の環境からやって来たのに、まるで初めから居たかのよーに馴染んでいる!
ピッチの外じゃ~どー見てもサッカーやりそーに見えない!
が.....しかし、一度ピッチ内でボールを持つとスイッチが入るらしく(笑)ひたすらドリブル開始(@_@;)
相手プレーヤーに衝突するか、ラインを割るまでドリブル>>>ドリブル>>>ドリブル>>>>>>>あっ...転んだ...んんっ...ボールを股に挟んで起き上がった(・・?
そして>>>またドリブルかよ(ー_ー)!!
こんなオモチャどっかにあったよなぁ~なんて(超爆笑)

ノリのプレーで↑↑↑一番印象に残っているのが、『柏崎マリンカップ』のVS巻戦での京汰のセンタリングに合わせたヘディングシュートかな(^.^)
小学生年代でのあれほどキレイな(^・^)しかも、競りながら決めたヘッドを見た事があまり記憶に無いからかも!
これまで、京汰からは良いボールが供給される事は多いが、ハートの↓↓↓弱い長男ズでは合わせられない(ToT)
長男ズ・・・皆、体が避けている(T_T)(T_T)(T_T)
ボールを怖がらないところがノリのストロングポイントでもあるわけだが、かと言って『タダの石頭』では決して無い!
何かコメントをカキカキしながら笑いが出てしまう(スマン)

ゲームメンバーを決める上において、ノリは、スキルが高い低いの問題じゃなく、監督やコーチが好んで使うタイプのプレーヤーの一人であると自分は思っている。
マズは、ボールへの寄りの速さである!
一緒にゲームをやっているとビックリするくらい寄りが速い!!!
次に球際の強さである!!!
相手と競った時の頑張りは群を抜いている(お見事!)
この異分子のお蔭でファイターズはやっと戦う土俵に上がることができるチームになったんじゃーないかなぁ~(^_-)

少し褒め過ぎたかも。。。なんで。。。ウィークポイントもついでに(ーー゛)
オフザボール時・・・ノリを見るとボーーーと・・・ただひたすらボーーーーーとしている事の多いこと(完全沈黙...活動停止)エヴァ並みじゃん!!!
それと、あまり自分自身がサッカー↑上手いと思っていない事かな(超~爆笑)

サッカーの『上手い↑』には種類があると思っている自分にしたら間違いなくノリも『上手い↑』である。
ハードワークする!、フィジカルコンタクトが強い!、ヘッドが強い!どれも『上手い↑』にあてはまる(^_^)v

まぁー中学でサッカーを続けるかどーかは分からんが一つだ
け言わせてもらうと。。。。。
ノリ・・・・・そろそろ自分のストロングポイントに気がつき覚醒しても良い頃だ(●^o^●)
もっとサッカープレーヤーとして自信を持っても大丈夫!
中学でも続けなさい!!! ATフィールド全開で!!!

最後に、ノリとトムという素晴らしい秘密兵器!???を与えてくれた井沢さんには感謝!!!感謝!!!です。
ありがとうさんでした<m(__)m>


監督 倉田 | URL | 2010年01月18日(Mon)19:47 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。