ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「お世話になりました」

 ファイターズに入部して早三年…暑い日、寒い日の練習や大会の日々を思い出します。
 サッカーを通じて、色々な経験をさせて頂き、学ぶべき事が沢山あったと思います。今までの経験をいかして、これからの中学校生活に役立ててほしいと思います。
 わがまま息子で、周りのみんなに迷惑ばかりかけて申し訳ありませんでした。でも、ここまで楽しくやってこれたのも、周りの環境が良かったからだと思います。監督、コーチを初めファイターズの皆様には色々お世話になりました。ありがとうございました。

 2009.01.27 鳥屋野ファイターズ 伊藤艶子(6年保護者渉の母)

スポンサーサイト

PageTop

いろいろ、ありすぎました。

 色々振り返って見ると、寺泊カップのPKでの…で始まり、色々なセレクションでの…。これらサッカーを通じて良い体験が出来ましたね。これからも続けて行くだろうサッカーに、あの時の悔しさ、嬉しさを思い出して、態度ばかりでなく、メンタル面も大きく育って欲しいものです…。
 今井カップでは6年生との対戦の要望に応えて頂き、古俣代表ありがとうございます!
 中学へ行ったら、もう一緒に何かする事も無いと思うので、お陰様で楽しいひと時が過ごせました。
 監督、コーチの方々、ご指導ありがとうございました。
 ワガママな親子で申し訳ありませんでしたが、皆さんもう少しお付き合いをお願いします。

 2009.01.18  鳥屋野ファイターズ 内山 裕美(6年保護者郁斗の母)

PageTop

あと2ヶ月で卒団となりました。

 子供も私もたくさんの思い出ができました。
 炎天下、真っ赤な顔をしてポタポタと顎から汗をたらして走った夏。 みぞれの中、かじかんだ指はスパイクの紐も引っ張れなかった。バーべキューの後、子供たちとサッカーをしてお腹にボールを受け、夜お腹にボールの模様が着いているのに気がついて、1人でウケたけど、その力強さにも驚きました。
 篤磨が入団した時は体も顔もまんまるで、みんなについていくのも大変そうでしたね。
 不器用(?)だから、 プレイ面では悔しい思いも、情けない思いもいっぱいしましたね。 「辞めたい」と言われた時は励ましたり、突き放したり。チームメイトとの関係で悩んでいる時は 「相手に求めるばかりではダメ、自分も受け入れるよう努力しなきゃ 」と大人でも難しいことしか言えず、ただサッカーを嫌いにならないでと願い、見守ることしかできませんでした。
 そんな子供と私を、監督やスタッフ・保護者の方々が何度も励まして支えてくれたからこそ、ここまでこられたと本当に感謝しています。最近は公式戦も終わり、のびのびと楽しそうにボールを蹴っている姿を見て、辞めずに3年間頑張った!もっと自信を持っていいよ!と思っています。
ファイターズで出会った皆さんへ「ここまで育てて頂いて本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします」

 2009.01.12 鳥屋野ファイターズ 岩尾 千枝子(6年保護者篤磨の母)

PageTop

『感謝』

 ファイターズに入団して3年半、いろいろな事がありました。
 仲間と一緒にサッカーを頑張ったことはもちろん、試合や練習の合間に過ごした楽しい?時間も忘れられない思い出となることでしょう。
 張り切って始めたサッカーも、うまくいかず落ち込んだりイライラしたりすることもありました。試合や練習試合が続くと、「え~またサッカーあるの↘↘」と言われ、それはこっちのセリフだろ~と呆れたことも・・・。ようやく最近、自分なりにサッカーを楽しんでいる姿を見て、少しは成長したかな??と喜んでいたのにもう卒団なのですね。
 サッカーを通して「友情」、「根性」、「思いやり」、「努力」など学べることはたくさんあると思いますが、やはり一番大切なのは「感謝」でしょうか。一生懸命指導して下さった監督やコーチ、困った時に声をかけてくれた仲間や、保護者の方々、そして協力してくれた家族がいたことを、しっかり感謝して、卒団までの時間を大切に過ごして欲しいと思います。
 私も、ファイターズに入らなければ出会わなかったであろう皆様と楽しい時間を過ごせたこと、そして透とのたくさんの思い出を作ることができたこと、心から感謝しています。
 皆様、本当にありがとうございました。

 2009.01.04  鳥屋野ファイターズ 西潟 希代子(6年保護者透の母)

PageTop

新年明けましておめでとうございます。

 クラブ員、保護者、OBそしてクラブ運営関係者の皆様におかれましては、2009年を大きな期待を抱いて新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は鳥屋野ファイターズの活動に対し一方ならぬご尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 今年は鳥屋野小学校の移転で、グランドが大きくなるなど練習場所の環境が大きく変わる年でもあります。今年からは、立派なグランドがホームグランドになることで、他クラブを招き練習試合などの機会が多くなるかと思いますので、保護者の方々には、出来る限り、グランドまで足を運んでいただき子供たちが一生懸命にボールを追いかける姿を多く見ていただきたいと思います。私自身も、昨年よりスポーツ振興会の体育指導員を仰せつかり、いくつかのイベント運営のお手伝いなどで、肝心のファイターズの試合を見る機会が減ったことは少し残念で反省でもありました。今年はファイターズのあらゆる年代の試合を多く観戦したいと思っています。また、クラブ員には、今まで以上に厳しい練習に耐え、我慢を覚え、連帯感や責任感を植えつけられたらと・・・、大げさな言い方かもしれませんが、子供の時に必死にボールを追った記憶は社会に出て理不尽な場面に遭遇しても、我慢できる忍耐力を備え、道を開いて行き、その時を共にした仲間は生涯の財産になります。そのために、私共、運営スタッフの指導者も、心を込め、熱くサッカーを指導し、進化を遂げて参ります。
 自立した子供を育てるために、子供達の技術の向上のみならず、スポーツマンとしての人間形成にも励んでいきたいと考えておりますので、保護者の皆様のご協力をいま一度お願いして年頭の挨拶とさせていただきます。
 2009.01.01 鳥屋野ファイターズ 代表 古俣 力


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。