ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「サッカーは子供を大人にし、大人を紳士にするスポーツである。」

 これは、サッカーの母国イギリスのことわざです。そして、私の好きな言葉です。
 例えば、試合でオウンゴールをしたとしても責めるのでなく、互いを励まし共に失敗を乗り越える術を学ぶ。また、納得のいかないファールを取られ、今の判定は違うだろうと心の中で思っていても、審判の決定は絶対であり覆る事は無い!! スポーツマンらしく事実を受け入れ、それがルールである事を理解し、それに従う事により子供も大人も鍛えられる・・・・・のではないかと、私は勝手に解釈しています。私は、子供達に練習や試合を通し、技術や身体面だけで無く、チームプレーの大切さを、勝ち負けの両方からは、謙虚さと相手への思いやりを学んでほしいと思っています。そして、良い友達を沢山作り、お互い切磋琢磨しながら「強く」、「優しく」、「たくましく」成長してほしいと思っています。

 2008.08.31 鳥屋野ファイターズ 審判部員 岩村伸行

スポンサーサイト

PageTop

「自分から」

 4月より審判部の一員となりました水倉です。
 この歳で新しいことにチャレンジできる機会を頂いたことに、誘って頂いた須藤審判責任者をはじめとするスタッフの皆様、保護者の皆様に心より感謝申し上げます。
 私が鳥屋野ファイターズに係わらせていただく事になったのは、去年の4月に引っ越してきて、息子の「俺、サッカーやりたい!」の一言がきっかけでした。ファイターズに入団してくれた選手達も息子同様、自分から「サッカーやりたい!」「上手くなりたい!」という気持ちを持っていると思います。
 しかし、実際にプレーをしてみると、スタンドやテレビで観戦する選手達のようにはいかないし、ましてやゲームとは違い自分の思い通りにならない事に気が付きます。
 簡単に上手くなる裏技や攻略本は無く、上手くなるためには自分の頭で考え、自分の身体を使って何回も繰り返し練習するしか方法はありません。すぐに結果はでませんが、少しでもできた事を見つけて励ましたり、褒めたりしていると選手達の目や表情が生き生きとしてきます。諦めたり、やる気が無かったりする時は怪我をされるのが怖くて、厳しく「帰れ!」と言いますが、「やだ!」と言ってボールを追ってグランドに向かってくれます。(頼もしいかぎりです)
 初めは転校してきた我が子が、馴染んでいけるのか心配でグランドや試合会場に通っていましたが、今は選手達の「自分から」できるようになった、やれるようになった、走れるようになった、上手くなったことを見るのが楽しくて通っています。選手達の「自分から」がもっと出てくるように、時には励まし、時には厳しく、大切に見守りたいと思います。やればできる!やらなければできない!がんばれ!ファイターズ!

 2008.08.14 鳥屋野ファイターズ 審判部員 水倉清士

PageTop

「好きこそものの上手なれ」

 鳥屋野ファイターズ、四年生の鈴木智也の父です。
 一カ月以上の間、ブログの書き込みを止めてしまい、皆様にご迷惑をお掛けしました事、この場をお借りしましてお詫び申し上げます。

 四月から子供たちと一緒にへたくそながら練習に参加させていただいて以来、四ヶ月が
経ちました。
 私は子供たちに少しでもサッカーが好きになってもらおうと、ほんの軽い気持ちから
練習に参加しましたが、いつのまにか子供たちより自分が「夢中」になっております。でも、あいかわらずへたくそです。

 「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。「サッカーが好き」であることがなによりも大事ですので、ほめたり激励したりするなど練習時の場の雰囲気を盛り上げる為に、私の方から声を出すようにしています。逆に子供たちから「うるさい」と思われているかもしれませんが。

 小学校を卒業するまでの間、子供と関わる時間が限られているならばせめて声だけでもかけてあげて、背中を後押しする手助けをしてあげたいですし、ほめてあげることで自信がつき、新たな可能性を引き出す原動力になればとも思っております。

 子供たちにはもっと上手になって、大好きなサッカーを楽しんでもらいたいと願っております。私も、・・・・上手になるよう努力いたします。

 2008.08.09 鳥屋野ファイターズ U10コーチ 鈴木 康之

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。