ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卒団への思いと後輩へのメッセージ

山本 楓馬
 ぼくは、兄がファイターズに入っていたので、入団したときから今の監督達とよくしゃべれたりして緊張などはありませんでした。でも、サッカーはあんまり上手くありませんでした。中には、すごい上手な人もいました。
 そんな中で、ぼくはキャプテンというみんなをまとめる役割をやってきました。ぼくは、キャプテンを辞めようと思った時期もあったけど、父や母に「そんなことでいいのか。」と言われ、「自分はみんなに任されたのにみんなを裏切ることになる。」と思い、続けることにしました。そして、ぼくはもうすぐ卒団です。自分なりにキャプテンとしてがんばってきたので悔いはありません。これからは、次の学年がしっかりまとめてくれると信じています。
 今まで、ありがとうございました。

久我 僚
 ぼくは、4年の最初にファイターズに入団しました。入団してから3年、今までいろんなことが心に残っています。
 一つ目は、初めての寺泊合宿です。合宿では、いろいろなチームと対戦して勝ったり負けたりいろんな試合がありました。試合の後は、みんなで風呂に入ったり夕飯を食べたりしてすごく良い思い出になりました。
 二つ目は、日頃の練習です。4年の時から、グランドや体育館でいろんな練習をしてきた中で、うまくなったという実感がなかったけど、やっと最近うまくなったという実感がもてるようになりました。その時は、やっぱり練習してきて良かったと思いました。
 これから中学生になっても、練習はちゃんとやりたいです。
 それにコーチや監督、本当にお世話になりました。ありがとうございます。そして、1~5年生の皆さんは、日々の練習をちゃんとしてどんどん上達していって下さい。

渡辺 卯月
 ぼくは、もう少しで卒団を迎えます。
 この3年間、サッカーでいろいろなことを学びました。
 一番に学んだのは、サッカーは1人でやるものじゃない。11人で協力してやるものだということです。1人では攻めてもすぐ相手に取られる。パス回しの時など、仲間に「逆サイドあいてるぞ。」とか、「後ろに相手がいるぞ。」とかそういう声をみんな協力して出せば、ボールをとられることはなくなると思いました。中学のサッカーでも声を出してがんばりたいです。
 今ぼくは、中学生になったらどこのサッカーチームに入ればいいかちょっと迷っています。久我とか亮介は青山に入るらしいけど、他のみんなは上山に入るとか言っている。ぼくは、やっぱり強いチームに行って自分のサッカーをもっと強くさせたいので、青山に入ることにします。

松原 光佑
 ぼくが、鳥屋野ファイターズに入ったのは4年生の時です。最初は緊張していたけれど、みんながいろいろと教えてくれたのでサッカーのことがよく分かりました。それに、サッカーのことがすごくおもしろくなりました。5、6年生では、いろいろなところと試合をしました。
 ぼくはサッカーだとディフェンスでした。中学では、ディフェンスや他のポジションも磨いていきたいです。それに、シュート力を上げたり、新しい技もどんどん覚えていきたいです。
 皆さん、これからの練習などをがんばってください。
 コーチの皆さん、これからもお願いします。

万年 拓実
 ぼくは、四年生の時からサッカーをやっています。初めは知らない人ばかりでどきどきしていましたが、やっていくうちに慣れていきました。サッカーの方は、シュートもろくに打てなくて、パスも変な方向へ行っていましたが、2年間やってちょっとはましになったと思います。
 これもコーチの方々や、保護者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。おかげで楽しい思い出がたくさんできました。あとちょっとですが、これからもよろしくお願いします。

横尾 明広
 ぼくは、五年生になって鳥屋野ファイターズに入りました。半分以上の人が四年生からやっていたので、うまくなじめるか心配でした。心配事はすぐに解消できました。みんなが話しかけてくれたので、とてもうれしかったです。でも、みんな四年生からやっていたのでうまくて、ぼくは一生懸命練習をしました。六年生になって、練習の成果は確実に出ました。サッカーでは得点をあげることができました。フットサルでも、たくさんゴールを決めることができました。
 うまくなったのは、コーチからいろんなことを教えてもらったからです。
 友達もたくさんできました。
 五年生やその他の学年にもがんばってもらいたいです。
 ぼくは、サッカーをやって良かったです。

勝見 翔
 ぼくは、4年生になってからサッカーを始めました。最初は、サッカーの事はあまりわかりませんでした。でも、アルビレックスの試合を見ているうちに、サッカーがやってみたいと思うようになってファイターズに入りました。初めは、友達と遊びながらボールをけることが楽しかったです。でも、試合をしていくうちに負けるのがくやしくなって、勝ちたいと思うようになりました。それでも、大会ではいい結果を残せずに終わってしまいました。それでも、これからもサッカーをしていきたいと思うのでがんばります。
 お母さん方、寒い時に温かい飲み物などを出してくれて本当にありがとうございました。お父さん方は、毎回練習に一緒に参加してくれてありがとうございました。最後に、監督とコーチのことです。コーチには、いろいろな事を教えてもらいありがとうございました。監督の倉田さんには、大変お世話になりました。これからもいろいろとよろしくお願いします。


金塚 倫太郎
 一昨年に入団してから卒団するまでの感想。
 ぼくが、このサッカー部に入ったのは一昨年の四月です。ぼくはこの二年間サッカーをやって良かったと思います。最初サッカーを始めた五年のころ、初めての練習をしたときはすごく緊張しました。でも、たくさん練習をしていくたびに、だんだん緊張しなくなってきました。五年生では、初めてのフットサルもありました。フットサルは、コートは狭いけど、サッカーと同じくらい楽しいです。
 六年になって、このサッカー部のいろんな事がわかったので、前よりも楽しく練習することができました。この2年間サッカーをしてすごく良かったです。
 みんな練習をがんばってください。

高橋 凌
 ぼくはこの3年間の思い出を、毎年一つずつ書きたいと思います。
 一つ目は、4年生に入団してすぐの寺泊の初試合は一番の緊張でした。ぼくは一試合目に出て、寺泊が相手で、初ゴールを決めることができ、すごくうれしかったです。
 二つ目は、5年生の時のことです。スポニチカップの試合で、少ししか出れなかったことが今でも悔しいです。
 最後に、三つ目の6年生の思い出になりますが、FFC(附属)との試合しか出られなかったことが、自分の中で悔しいです。
 ぼくは、中学へ行ってもサッカーを続けることにしました。中学へ行ったら、努力をしていきたいと思います。
 今まで3年間支えてくれた人たち、本当にありがとうございました。

加藤 響
 ぼくは、四年生のころから「鳥屋野ファイターズ」にお世話になっていました。初めの方は、サッカーのシュートもろくにできなかったけれど、今ではシュートもまだまだですが、ちょっとは上達してきていると思います。
 倉田監督からは、サッカーの本をかしてもらいありがとうございました。サッカーの指導もきびしく、時にはやさしくしてくれてありがとうございました。
 コーチの方々、特に小松原コーチは、いつも平日にも練習を見に来てくれてありがとうございました。
 ファイターズにいるのもあとちょっとしかないけれど、よろしくお願いします。

村川 亮介
 一年遅れて入ったファイターズ。五年の時の初めての練習は、少し不安もあったけど、友達がいたから大丈夫でした。いつも、どんな練習をするか楽しみでした。つらい練習などいろいろあったけど、みんなで乗り越えてきました。中学へ行ってもがんばりたいです。
 ファイターズに入って、いろいろな人と出会いました。監督の小松原さん、総監督の倉田さん、コーチの人たち、たくさんの人とふれあってきました。本当にありがとうございました。
 後輩達へ。一回一回の練習を大事にして、大会では良い成績を残せるようにがんばってください。
 ファイターズに関わってるみなさん、ありがとうございました。

志田 歩夢
 鳥屋野ファイターズに入ってから、コーチ達からいろんなことを学びました。
 ファイターズに入団した頃は、ハンパな気持ちでやっていました。でも、由井コーチの教えや、サッカーの練習や試合を通してとても好きになりました。
 四年生の時、ぼくは最初DFでした。でも、練習試合の時に「MFをやりたい。」と言いました。それがうまくいき、右MFのポジションをつかみました。五年生になると、五年から入ってきた村川くんにポジションを取られ、とてもくやしかったです。それから、いろんな人が退団してまたスタメンに戻れたけど、微妙な気持ちでした。でも、フットサルでスタメンになれたのはうれしかったです。
 倉田監督にはいろいろなことを教えてもらいました。父母達には、応援やバーベキューなどしてくれて感謝しています。
 五年や四年、三年は大会をがんばって下さい。
 ファイターズを卒団できて、うれしいです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。