ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僕の好きな言葉

 こんにちは松原の兄です。
 今回は、9月23日に県スポーツ公園で行なわれた親父チームでの練習試合の話をします。
 試合はオールコートで行なわれましたが、ピッチ上で思ったことは『本当に動けない!』体力的にも技術的にも全くだめでした。

 ・試合中のボールの受け方
 ・ボール受けた後のトラップ
 ・トラップあとのボールのさばき方

 どれをとっても全然うまく動けませんでした。
 チームの皆さんにはとても迷惑をかけたと思いました。
 やっぱり日頃から実践を意識した練習をしていないと感覚がおかしくなるんだなっていうことを実感した試合でした!
 これからは時間がある時は考えながら練習をしていきたいと思います。
 さて、小学生の皆さんも時間がある時は家でばかり遊んでないで、たまにはサッカーの練習をしてください。そして、練習する時は目的を持って考えて練習をしてください。ただやみくもにだらだらと時間を使って練習しても全く意味がありません。なぜこうなったのかを考え、理解しながら練習することが、より早く上達するコツだと思います。
 えらそうなことを言ってすみません!
 最後に僕の好きな言葉に‘日々修行’と言う言葉があります。
 良いことも悪いことも全て修行だと思って前向きに頑張れたらなと思います!
 小学生の皆さん!これからも頑張って修行していきましょう!
 僕も修行していきたいと思います!以上

 2007.09.30 鳥屋野ファイターズ コーチ 松原兄

スポンサーサイト

PageTop

ファイターズの子供達に刺激されて

 こんにちは、6年生翔の父です。
 我が家とファイターズの始まりは、翔が3年生の終わり頃のことでした。それまで習っていた空手を突然やめて、「サッカーやりたい。4年生になったらファイターズ入ってもいい?」と聞かれ、「自分の身の周りの事がきちんと出来ればいいんじゃねーの」と軽い気持ちで返事をしてから約3年が経ちます。
 私は学生時代から野球しかやったことがなく、それまでサッカーというものはプレーするスポーツではなく、観るスポーツでまさか自分や子供がするとは思いませんでした。
 私は子供に対して、サッカーが上手になってほしいというよりも、一生懸命に練習し、体力をつけて健康であれば良いという思いでした。
 しかし、子供に誘われ、何度か練習を見に行き、子供達が一生懸命に、また、楽しそうに走り周っている姿を見ているうちに、もしかして、自分も出来るのではないかと勘違いをして、年のことも忘れ会社の仲間でサッカーチームを作り、何度か大会に参加しましたが、結果は…………でした。
 子供達のおかげで、自分も学生の頃から忘れていた、とても気持ちの良い汗をかかせてもらいました。ありがとう!

 ファイターズの選手達へ

 一生懸命に練習し、チーム全員の気持ちをひとつにして、試合に勝つという目標に向かって努力する事は、一番大切なことと思いますが、他にもファイターズを通じて、サッカー以外の事で学校や家庭では学ぶことの出来ない色々な事を学んで、心も体も大きく成長してほしいと願っています。卒業まであと半年あまりになりますが、監督、コーチ、スタッフの皆さんのおかげでこのような環境で子供達がプレー出来る事に、親として感謝しています。
 ありがとうございます。 6年翔の父でした。

 2007.09.15 鳥屋野ファイターズ 保護者 勝見 

PageTop

鳥屋野ファイタ-ズで得たもの

 いつもお世話になっています。6年生保護者の横尾です。
 息子が入部させて頂いたのは、5年生からです。
 きっかけは、たまたま参加した『親子フットサル大会』で「ぜひ、お子さんの入部をお待ちしています。」との野上副代表の一言でした。
 親の目から見て、息子が鳥屋野ファイタ-ズから得たことを考えてみると、何と言っても、仲良しの輪が広がったことですね。皆さん、色々な考え方があると思いますが、まだ小学生の内ですので、スポ-ツを通じてたくさんの友達とたくさんの想い出を作ってほしいと思います。
 学年を越えた交流もすばらしいことですよね。親である私も、息子が始めた部活動をバックアップしようとお手伝いをしている中で得るものがありました。
 まずは、サッカ-を通して息子と触れ合う機会が増えたこと。ちょうど、年齢的にも余裕が出てきて、それなりにお手伝い出来ていると思うのですが・・・?そろそろ息子も反抗期にさしかかり、親子のすれ違いが気になる頃でしたので、週末に子供とかかわる機会を与えて頂きありがとうございます。色々な意味で息子との会話も増えて、以前より仲良しになった気がします(実は妻ともなんですが・・・笑)。
 それから、保護者の皆さんとのつながりが出来たこと。多分、鳥屋野ファイタ-ズの活動に参加していなければ、父兄が触れ合う機会なんてまずなかったですよね。練習試合、大会で色々な場所にも行きましたし、寺泊合宿も楽しかったし、保護者の個人宅にバ-ベキュ-パ-ティ-に呼んで頂いたりと、息子以上に親がたくさんの想い出をもらったかもしれません!!
 あと半年で、息子も鳥屋野ファイタ-ズを卒業していきます。今のところ、中学校に行ってもサッカ-を続けると言っていますが、勉強とは別に何かしらスポ-ツにかかわり、汗を流してくれたらなと親心に思います。こんなすばらしい環境を与えて頂いた関係者の皆さんに感謝します。

 2007.09.01 鳥屋野ファイターズ 保護者 横尾宗夫

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。