ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドライブシュート

 こんにちは、六年の保護者の本間です。
 私の時代のサッカーと言えば、なんといっても 「キャプテン翼」 でした。その必殺シュートに憧れ、中学でサッカー部に入ろうと思っていたのですが・・・・なにせ田舎もんで、(今は、ちゃんとあるみたいですが) 存在していませんでした。
 私のサッカーは、体育の授業でたまたま蹴ったボールがキーパーの頭上を越えてゴールが決まり「見たか!俺のドライブシュート!」 と叫んで喜んでいるうちに、私の若かりしのサッカー人生は、終わりを告げてしまいました。
 時代も変わり今、サッカーレベルもどんどん上がり、ファイターズの子供たちの中にも、無回転シュートやマルセイユルーレットをする子もちらほら、私の偽ドライブシュートとのレベルの差を感じるこの頃ですが、やっぱりサッカーは、見ているのも、するのも、楽しい。
 こんな、第二のサッカー人生を与えてくれた、鳥屋野ファイターズの関係者の皆さんに感謝し、この場を借りてお礼を言わせてもらいたいとおもいます。「ありがとうございます。」
 まだまだ、サッカーの技術はもちろん、審判の技術も素人の域を脱していませんが、なにか鳥屋野ファイターズのお手伝いが出来ればと考えております。
 今後とも、子供ともどもよろしくお願いします。

 2007.05.31鳥屋野ファイターズ 審判部員 本間 洋径


スポンサーサイト

PageTop

ファイターズは義務教育?

 こんにちは、ファイターズ入団4年目を迎えた久我です。
3年前の4月に、現在、中学2年の長男が入団して以来、2年前には6年生の次男、そしてとうとう今年は、2年生の三男までお世話になることとなりました。
 まずこの場をお借りして、代表はじめ監督、コーチ、スタッフのみなさん、そして保護者・選手のみなさん、本当にお世話になっております。心から感謝申し上げます!!
 さて、我が家にとって、“義務教育”ともいうべき存在になったファイターズですが、長男が入団したいと言い出した頃は、「小学生の部活動」、「ルールもよくわからないサッカー」ということに親の方が不安を感じていました。それは、自分の経験からすると小学生のスポーツ(ほとんど野球でしたが)というのは、缶蹴りやかくれんぼと変わらないただの「遊び」で、大人が関わる活動としての意義が感じられなかったからだと思います。
 予想通り、子供とサッカーをやっても、指導するどころか指導されたり、審判のルールを覚えるのが大変だったり(今でもよく分かっていないのですが・・・)ということでしたが、それでも三男まで入団させたのは、チームのためにプレーすることの重要性を、ファイターズというしっかりとした組織の中で、身をもって経験できるし、経験してほしいからだと思っています。
 皆さんご承知のとおり、サッカーは11人のプレーヤーが協力し合って、チームのために戦うスポーツです。言葉で言うと簡単なようですが、このことをきちんと理解し、行動に移すことはとても難しいことだと思いますし、是非とも子供たちに学んでほしいことだと思っています。
 かくゆう自分もファイターズの中で、どの程度の能力を持っているプレーヤーかというのは、皆さんほぼ理解(ちなみにボールを蹴っても浮きませんし、全力で走れるのは1分が限界です。)されているのではないかと思いますが、微力ながらできることは全力でプレーしていくつもりですので、チームのレベルアップのためにも引き続きよろしくお願いします。

 2007.05.06 鳥屋野ファイターズ 審判部員 久我 誠

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。