ブログタイトル 鳥屋野ファイターズ・ブログ

新潟市の少年・少女サッカーチーム「鳥屋野ファイターズ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

基本は大事だよ~!!

 初めまして・・・スタッフの吉田です。
 ほんとに何を書こうかな?と思いまいたが、簡単な挨拶と最近感じた事を書きたいと思います。
 私が鳥屋野ファイタ-ズに関わる様になったのは、上の子が「一昨年に何かスポ-ツのクラブに入りたい」と言い出し、サッカー部に入部したのが切っ掛けでした。
 私も上山中学の頃、サッカー部に入り(わずか3年だけですが)子供と少しは一緒にやれる?教えられると思い、サッカーとの私のリスタ-トが始まった次第です。
 当時は、平日練習を見てくれるコーチの方々もあまりいない状況で仕事柄、平日に休みが取り易い環境だった私に要請もあり、平日の練習を見るようになりました。(あまり参加出来なくなって申し訳ないのですが・・)子供以上にサッカーにはまってしまい、今日にいたる・・・感じです。
 また、創設者の今井さんとは、サッカー部の1年後輩にあたります。
 地元(私も鳥屋野小卒です)のお世話になった先輩の意思を引き継ぐ為、地域の方々ともっと交流を深め、活性化させたい!子供達のサッカーをもっと見ていたい!と思い、子供が卒業した今年からはスッタフとして参加させてもらっています。(今年で3年目になります)サッカーの経験も短く、全然上手でもない私を暖かく接して下さる関係者の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。名前だけのスタッフ(指導者)でなく、早く名実共に(指導者)になれる様、努力していきたいと思っていますので、今後もよろしくお願いします。
 話は変わりますが、最近、練習を見てて感じる事は、子供達、全員とは言いませんが、基礎練習の時、ちょっといい加減に練習、プレーしてる子が目立つかな?と思います。たしかに、基礎、基本の部分は、つまらないし、あきるし、面白くないと思う子がいてもしかたない。また、中にはバカにしてる?子もいるのかもしれませんが?見ていると高学年でもインサイドキックで相手の足元にパスがだせない。その確立が低い。トラップは球が浮く回数が多い。自分の近くに止められない。常に意識が薄い為、周りを見ていない。体を振ってから動き出さない。まだまだありますが、常日頃、倉田総監督初め、コ-チの方々が口すっぱく言っている事が子供達には伝わっていないのかな?と、思うと残念でしかたありません。基礎、基本部分が身につけば、小学生レベルであれば試合の時にチャンスでもピンチでも、もっと楽に(自分も他のプレイヤ-)なると思うし、何よりもっとサッカ-が楽しくなると思います。また、基本がだめならその上の物も身に付かないと思います。
 子供達に(よ~く考えよう・・・基本は大事だよ~!)と今後も教えていきたいです。私が考えては、基本の部分を今のうちに少しでも身につけさせる!教える!そしてサッカ-を子供達に楽しんで欲しい!です。私自身も子供達にあきさせないメニュ-を考えて指導していく課題もありますが・・・また、私の考えは去年まで副代表をさせて頂き、その時の挨拶にも言わせて頂きましたが、この鳥屋野ファイターズはTOYANOファミリーズだと思っています。保護者を初め、関係者の全員が子供達が「健やかに、たくましく、また挨拶のできる、マナ-が守れる」そんな子供達に育つ様、自分の子供でないとしても、見守っていただければ幸いです。D級指導者の資格と4級ではありますが審判の資格も取らせて頂きました。ありがとうございます。今後も出来る限り、協力させて頂きますので、よろしくお願いします。所属/コーチ部/審判部・・両刀使い!!大根も切れない刀の持ち主・・

 2006.09.30 鳥屋野ファイターズ 総合コーチ 吉田


 吉田コーチには、平日練習や帯同審判などを中心にご協力いただいています。
 特に、平日練習では、仕事などでコーチや保護者の参加が少なく、ご苦労をお掛けしています。ほんとうにありがとうございます。
 平日練習の基礎練習をいい加減にやっていると、次のステップに進んでも、なかなか上手くいかず、ゲームでも楽しく出来ないと思います。
 クラブとしても、子供たちには、平日練習の大切さを伝えてきたつもりですが、子供たちの中には、まだまだ自覚を持って(上手くなりたい、他の子に負けたくない等)取り組んでいる子供は少ないように感じます。それは、まだ、サッカーをやらされているという、意識がどこかにあるのではないかと思います。誰のためでもない、自分が選んで鳥屋野ファイターズに入り、サッカーをやっているのですから、いつまでも仲良しクラブの意識では、困ります。
 サッカーに対して、意識の低い子供(やる気のない子)がやる気のある子供たちの気持ちを潰されても困ります。
 クラブとしても、サッカーを通じて、自分から積極的に、何事にも一生懸命取り組むことが出来る子供を育てて生きたいと思っています。
各家庭においても、子供たちが日頃からサッカーに対して、どのような意識で取り組んでいるか、話し合って頂きたいと思います。
 また、出来る限り、グランドに出向いて、子供たちの練習を見学していただきたいと思います。

 2006.10.01 鳥屋野ファイターズ 代表 古俣 力

スポンサーサイト

PageTop

「気持ちが大事」

**** t.sasage blog 第一だぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!!!!(^^) **** 9/15 号

 何を書こうか迷ったけど、soccer をやってきてわかったこと?を手短に書きますよ。
 僕は、今から約23年前の小学校4年生から soccer をはじめた。当時は野球が大好きで、周りの友達が soccer をはじめたので、何となくやってみた。今になって思えばこの何となくが「致命傷」で、本気で soccer がうまくなりたいと思ってやっていなかったと思う。
 要するに、「 soccer を自分からうまくなりたくてやっていたのではなくて、やらされていた?」と思う。試合には出ていたが、後半15分からの子供(補欠)だった。
 中学校のときも、野球部に入ろうと思ったが、仲の良い友達が soccer 部に入るからということで、僕も soccer 部に入った。
 中学校のときも試合に出たり、出なかったりだった。高校に進学するとき初めて、自分の意思で東京学館新潟高校に進学し、soccer 部でお世話になりたいと思った。
 入学して校則が厳しいため、学校を辞めようと思ったが、親が僕のために高い入学金を払って、入学させてくれた高校だったので、学校を一日も休まず、soccer を本気で頑張ろうと決断した。
 練習はめちゃくちゃきつく、監督を恨んだこともあった。
 今はめちゃくちゃ感謝 !!!。小・中学校と違い、本気で soccer がうまくなりたいと思う時もあったので、2年からメンバーに選んでもらった。今思えば、小・中・高校と soccer をやってきたが、もっと、自分からうまくなりたいと思う気持ちがあれば、もっとうまくなっていたと思う。センスも必要だと思うが、日々努力した人が、良い結果を出せると思っている。今は親に感謝しているが当時はまったく気持ちがなかった。僕の知っている限りでは、soccer の超一流選手は誰よりも、soccer が好きで、身近な人に感謝している人が多い。
 話をまとめると。「日々の努力、積み重ねと、soccer をやるためには親の協力なしではできないので、親に感謝」することが大事だと思う。
 子供たちみんなに soccer を好きに、soccer をうまくなってもらいたい。
 古俣代表、倉田総監督をはじめとして、コーチの皆さん、保護者の皆さんいつもありがとうございます。∞ 無限感謝 ∞
 追伸:自分もコーチなのでコーチに感謝することって書けませんでした(^^)「次回へ続く」

 2006.09.14 鳥屋野ファイターズ U10監督 捧


 捧さんは、小学生の頃からサッカーのエリートコースを歩んできた人かと思っていましたので、少しビックリしています。
 高校時代に自分からサッカーをやろうと思ったとは驚きです。
 私も高校からバスケットボールを始め、毎日死ぬような練習の繰り返しだったので、捧さんの気持ちはよく分かります。
 どういうわけか、あの頃は気持ちが充実していたので、バスケットをやめようという気持ちにはなりませんでした、むしろここで逃げ出したら、バスケットが上手くならないと思い、中学からバスケットをやってきた奴らには負けたくない気持ちが強かったように思います。
 スポーツの種類は違いますが、やはり負けたくない気持ちや上手くなりたい気持ちを持つことが上達の近道と思います。
 鳥屋野ファイターズの子供たちを見ていても、負けたくない気持ちの強い子が上達しているように感じます。特に上級生になったら、技術だけでなく”その気持ち”が大事なのです。
 是非、子供たちには気持ちのこもったプレーを見せてもらいたい思います。

 2006.09.14 鳥屋野ファイターズ 代表 古俣 力

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。